CSR行政・地域への取り組み(CSR)

行政・地域への取り組み(CSR)

菊池運輸では「企業は社会の公器である」という考えのもと、様々な活動を行っています。

優良申告法人

当社は平成20年4月21日に、西新井税務署長より優良申告法人として表敬いただきました。

優良申告法人とは、税務署の立場から企業の経営内容を机上審査及び、深度ある調査を経て、分析した結果により該当法人を選別認定する制度です。

優良申告法人に選定されるのは法人全体の約1%足らずで、企業にとって大変名誉なことです。

お客様ありきの運営の中で感謝を忘れず、今後も優良かつ透明性のある経営を通じ、社会貢献する企業として努力を続けてまいります。

img01img02

警察協力(地域パトロール)

img03

警視庁竹ノ塚警察署のひったくり警戒に協力しています。

日夜、日本中を走る菊池運輸の「眼」が防犯に役立てばと思っております。

消防協力

当社は、地域の防災活動に共鳴し、西新井消防署にて東京西新井災害予防協会の相談役を務めさせて頂いております。

防災活動を通し、地域への貢献をさせて頂ければと、このほど西新井消防団(野部庄之助団長)に可搬ポンプ積載車を寄贈いたしました。

これを受け、西新井消防署(高橋賞司署長)では、可搬ポンプ積載車が2台となり「災害活動、警戒、広報活動に、さらに機動力を活かせる」と地域の防災活動にいっそう熱意をもって取り組むとコメントしてくださいました。

H19年9月26日の寄贈式では、寄贈車両が配置された第7分団の出場訓練が行われ、高橋署長からは消防総監感謝状が、訓練に参加した当社会長に手渡されました。

この車両は当社の「地域を愛する」想いと、当社会長の名前、菊池「八郎」から「愛8号」と名付けられ、ナンバーも8が並んだナンバーとなっており、地域の皆様の安全に務めさせて頂いております。

img04

NPO法人 西新井間税会による地域活動

税務行政に協力することを基本理念として、税知識の周知を図るための事業を推進するとともに、税制、並びに執行に関する意見・要望の提言活動を進め正しい税知識の普及と高揚に尽力しています。
そして、地域社会の健全な発展、街づくりの推進に積極的に貢献することを目的に、菊池運輸は西新井間税会に参加しています。

また、同会は国税庁のIT化を推進しており、菊池運輸も普及推進に努めております。

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

少子化が急速に進行し、わが国の経済社会に深刻な影響を与えることが懸念されています。
少子化の背景の一つには、仕事と子育ての両立が困難な職場環境があると指摘されています。

この状況を踏まえ、次世代を担う子供たちが健やかに生まれ育つ環境をつくることを目的として、国、地方公共団体、企業、国民が一体となって行う取り組みを進めるため、それぞれの果たすべき役割などを定めた次世代育成支援対策推進法が平成15年7月に成立し、平成17年4月に施行されました。

菊池運輸も上記取り組みに、下記要領にて参加させて頂き、広く社会と共存し貢献する企業を実現します。

平成28年3月1日
菊池運輸株式会社

行動計画

社員が仕事で子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 平成28年3月1日から平成33年2月28日までの5年間

2.内容

目標1:妊娠中の女性社員の母性健康管理についてのパンフレットを作成して社員に配布し、制度の周知を図る。

(対策)
平成28年度〜 制度に関するパンフレットの作成・配布、管理職を対象とした 研修及び社内広報誌などによる社員への周知強化。

目標2:10代、20代(次世代)の雇用促進対策に関して、現在採用しているトライアル雇用を 通じた雇い入れを継続して行う。

(対策)
平成28年度〜 現在の募集要項を定期的に見直すとともに、雇用促進対策用の施策を検討し実現化する。

メニュー

閉じる

top